離婚裁判でも有効な自分でできる夫・妻の浮気の証拠収集!

浮気の証拠が必要な理由

夫・妻の浮気が発覚しても離婚まで発展するかは各夫婦の判断によります。

しかし、私たちの依頼者様の中にも、妻の浮気の追及をした際に「妻は完成して謝罪・関係の再構築を申出けくるに違いない」と考え追求した結果・・・

浮気の否定、逆ギレ、開き直り、あげくに事実無根による追及に精神的・肉体的に限界となったと逆に離婚・親権の獲得を迫られる事態となった方もいます。

本記事のポイント

  • 離婚裁判でも有効な浮気の証拠
  • 浮気の証拠の資料作成のポイント
  • 自分でできる浮気の証拠収集

離婚裁判に必要な浮気の証拠は不貞関係の立証

上記のように、浮気を追求するということは離婚裁判という最悪の場合にまで発展することを想定しておく必要があります。

その時に最も重要となるのが不貞行為(肉体関係)があったということの立証です。

いくらメールやLINEで「好き・また会いたい・昨日はすごく良かった」などの履歴があっても、それだけでは不貞行為を立証できません。

そのため、離婚裁判に発展した場合にも有効な夫・妻の浮気の証拠について本記事でお伝えします。

夫・妻の浮気の証拠収集

裁判で最も重要なものは証拠です。証拠画像やビデオなどを添付し提出することはもとより、調査報告書にはターゲットが、

  1. When(いつ)
  2. Where(どこで)
  3. Who(誰と)
  4. What(何を)
  5. Why(なぜ)
  6. How(どのように)

といった詳細な情報の記載が証拠書類には必要となります。

裁判に有利となる調査報告書は、質の高い証拠の添付以外にも上記のような論理的かつ具体的な構成により、客観的に見ても浮気の事実を否定できないような構成で作成する必要があります。

当社では、調査終了時において裁判を考えていないご依頼者様の場合、証拠のみの受け取りとし、この調査報告書の作成を後日必要となった場合に改めて作成依頼することも可能としています。

このことで費用を最小限に抑えることもできますのでご検討ください。

自分でできる浮気の証拠収集

浮気証拠の収集はご自身でできるものもあります。

また、第三者である興信所・探偵事務所での証拠収集は尾行調査を基本としており、ご自宅内のターゲットの動向などを知りえることはできません。

そのことからも、ご自身で行う証拠収集では非常に重要な証拠をつかむことにつながる場合も多々あります。

自分で行う証拠収集

1.浮気の証拠収集…メールやLINEなどの記録

夫や妻とのメールやLINEなどは状況証拠で裁判使用可能です。

無理してスマホや携帯を盗み見ようとする行為は禁物ですが、受信時に未読のメール・LINEの冒頭文章がスマホの場合、画面表示される設定になっている場合が多いです。

パートナーがスマホから目を離している場合に証拠となりうるやり取りが画面表示されている場合は、その画面を写真に納めておくとよいでしょう。

2.浮気の証拠収集…手帳や予定表の記録

夫や妻が手帳やメモに予定や記録を残しておく性格の場合、手帳などに何らかの記録や予定の記載がある場合は多くあります。

この様な記載を見つけた場合も写真に納めておくとよいでしょう。ただし、無理してスマホや携帯を盗み見ようとする行為は禁物です。

3.浮気の証拠収集…クレジットカード履歴

クレジットカードやETCの履歴が見れるようであれば、チェックするようにしましょう。

チェックするポイントは、

普段の行動範囲外のお店やホテルの記録

普段あまり行かないようなお店の名前やホテル名

何度も名前が出てくるお店(ラブホテルや風俗店などの名前は、わからないように飲食店などと思えるような名前で表記されている場合が多いです)

ようであれば証拠として記録しておきましょう。

4.浮気の証拠収集…パソコン履歴

家のパソコンに何か履歴が残っている可能性があります。ブラウザ(IE/chromeなど)の履歴から、スマホや携帯からは予約が難しい旅行やホテルの予約履歴や出会い系サイト・マッチングサイトの利用が分かる可能性があります。

また、GoogleChromeなどはスマホのブラウザとブックマークが連動しているため、ブックマークから頻繁に利用するサイトが判明する可能性もあります。

家のパソコンには、スマホにデータをバックアップするクラウド(iTunesなど)がダウンロードされているばあおが多く、自動バックアップによるスマホ内のデータ保存なども行われていることから、クラウドにログインすれば写真やメール、LINEなどの個人データを見ることはできますが、ログイン時に侵入情報が通知されますので、ログインによる盗み見は行為は禁物です。

5.浮気の証拠収集…ポイントカード・レシート

財布やポケット内のレシート、チケット、ポイントカード、等にも証拠が残されている場合があります。

ラブホテル、風俗店のポイントカードは一見、そのものとはわからないようなデザインとなっているので注意が必要ですが、普段行くことのない洋服店や院直店のポイントカードなどには注意が必要です。

証拠となるものがあれば写真に収め保管しましょう。

あなたにとって最も有益な解決方法を

格安¥28000 の浮気調査!

曜日・時間帯・エリアを事前に絞り込むことで実現!

多くの経験を踏まえての親身な相談も無料で行っています。

ご相談・お問い合わせ

無料でご相談をお受けしています
ぜひお気軽にご相談ください

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする